損より得取る情報館

日常生活で損をするより得をとりたい人への情報を発信するブログです。

ローランドが運営するホストクラブ閉店!?どうするローランダー?


ローランドが運営するホストクラブ閉店!?どうするローランダー?

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

今日は、ホストクラブの「THE CLUB」を運営するローランドがホスト業界から撤退するという驚きのニュースが入ってきました。

 

歌舞伎町の生きる伝説と呼ばれているローランドさんですが、なぜ「THE CLUB」を閉店するのか、雇っていた従業員はどうするのか、今後の活動についてなど詳しく見ていきたいと思います。

 

また、彼の熱狂的なファンのことを、ちまたでは「ローランダー」と呼んでいるそうですが、そんな人々の反応も合わせてみてみましょう。

 

 

<目次>

 

カリスマホストのローランドが「THE CLUB」を閉店する理由

閉店の理由は、やはりコロナの影響が大きかったことがあげられるようです。

 

ローランドさんの運営するホストクラブ「THE CLUB」は、緊急事態宣言の4月から5月26日はしっかりと休業して、宣言解除後もコロナ対策をしっかりしたうえで営業していました。

 

しかし、7月に入ってからの新型コロナ感染者の感染者が夜の街関連のお店と報道されたことや7月9日東京都の感染者が最多を更新したことでこれ以上営業を続けていくことは困難と判断したようです。

 

ただ、お店の利益だけではなく、世間の状況、スタッフの安全、お客様に喜んでもらえる環境を作るのが難しくなったためとも話ししています。

 

 

「THE CLUB」閉店によるスタッフへの対応

今回の閉店で行き場のなくなる従業員は、ローランド氏が運営する事業へ移動するよう話をしているようです。(ホスト業界以外)

 

夜のお店って、やめたあとのことについてなにかしてくれるっていうイメージがまったくないのでここまで配慮できるローランドという人間は持ってる器が違うのかなと思いますよね。

 

もちろん、ホストを続けていきたいと話をしている従業員にもしっかり対応していて、ローランドさんが独立前にお世話になっていたグループの本店が引き受けをしてくれるよう話を通しているようです。

 

ここまでしてくれる経営者っていますかね?ここもローランドさんの人間関係があるからこそできることなのではないでしょうか。

 

今回の閉店について、英断だと思うのですが、ローランドさん本人はお客様はもちろん、夢をもって集まってくれたスタッフのことを考えると胸が痛むとも話しています。

 

 

ローランダーのツイッター反応

ローランドが運営する「THE CLUB」閉店のニュースが流れて、ローランダーのツイートが止まりません。

 

 

  

 

この件についてツイッターも、にぎわっているんですが、意外とツイートの雰囲気が暗くありません。

 

「彼ならここで終わらないでしょ?」

 

っていう感じなんですよね。あとホストクラブ閉店とは関係ないんですけど、おもしろいツイートがあったのでもうひとつ。

 

 

 きっと「THE CLUB」ではこういう対応するよう教育されていたんだと思いますが、人1人の人生にここまで影響を起こせる人物ってすごいなって、このツイート見て純粋に思いました。

  

ローランドさんの今後について

ローランドさんの今後について

しかし、ローランドさん自身のホストに対する情熱は冷めてはいないので、経済的に許す限り拡大移転先の物件は家賃を払い続けますと。

 

そして、状況がよくなったらまた必ず復帰することをあつく語っていて、男の意地を感じます。

  

そして、同じように新型コロナでつらい思いをしてるの勇気になれるよう、あきらめない姿をみせたい。それを行動で証明していきたいと話しています。

 

私は、お酒が全く飲めないので、ホストやキャバクラといった夜のお店には嫌悪感しかありませんでした。

 

しかし、このローランドと言う人間はそういった嫌悪感すらばかばかしくなるようなとてつもない器を感じます。

 

どんな仕事をしていても、どんな生活環境でもそうですが、こういう大変なときだからこそあきらめない気持ちが大切なんですよね。

 

実業家ローランドが運営する事業

詳しくは公表されていないものありますが、ローランドさんが運営する事業は以下のようなものがあります。

 

  • 脱毛サロン
  • 飲食店
  • 美容商品販売
  • シャンパンの輸入総代理店

 

さきほどの「THE CLUB」のスタッフはこれらの事業への転職を促しているということになりますね。

 

 

ローランドの交友関係(SNSより)

  • GACKT
  • 朝青龍
  • 松浦勝人
  • tetsuya(ラルク・アン・シエル)
  • 高橋みなみ

 

幅広い交友関係をもつローランドさんですが、中でも歌手の「GACKT」からは、実の弟のように可愛がっていると言われています。

 

どんだけ人間関係すごいんだよ!?って突っ込みを入れたくなりますよね(笑)

 

まとめ

これだけ業界で名前のある人物が、昨日の東京都の感染者が最多を記録した翌日にホストクラブの閉店を決断するのは驚きです。

 

ただ、決断が早いからこそ有能な経営者と呼べるとも思います。どんな業種でも一目置かれてる経営者の判断は早くて正確です。

 

私もこういう人間でありたいと思う今日この頃でした。

 

それでは、また。