損より得取る情報館

日常生活で損をするより得をとりたい人への情報を発信するブログです。

知ってるだけで損をしない戸建ての買い方


ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

「持ち家」「マイホーム」って響きがいいですよね。誰でも一度は家を買うってどんなんだろうとか考えたことはあるんじゃないでしょうか。

 

とにかく大金のかかるマイホーム購入ですが、今回は90万円安くなった戸建ての買い方について、私の体験談をお話ししたいと思います。

 

住宅購入費用を節約できた男の画像

 

<目次>

 

  

安くなったのは仲介手数料

町中で目にする「大和ハウス」「住宅情報館」「東急リバブル」「センチュリー21」「SUUMO」など、家を買うときはまず、不動産屋に行って話を聞くのが自然な流れだと思います。

 

ただ、今回体験した戸建ての買い方は上記の王道な動きをしては得することはできません。

 

気になる方のために、先にお話ししておくと費用を抑えることができるのは仲介手数料です。では、なぜそんなことができたのか、戸建て購入にかかわる仲介手数料を詳しく見ていきましょう。

 

 

不動産屋が建売住宅で取れる仲介手数料とは?

 不動産屋が取っていい仲介手数料というは、法律で上限が決められていて、購入金額によって変わってきます。

 

<税抜きの手数料一覧>

  • 200万以下 5%
  • 200万超え400万以下 4%+2万円
  • 400万超え 3%+6万円

 

不動産屋というのは売りたい人と買いたい人の間にある仲介業者なのでこの手数料を両方からとるのが基本になります。

 

<不動産屋が取る手数料の例>

・2000万×3%+6万円=66万円 

・3000万×3%+6万円=96万円

・4000万×3%+6万円=126万円

 

買い主側と売り主の双方からこの金額を受け取るので、上記の2倍が法律上の上限になります。 

 

 

仲介手数料の上限を取らない不動産屋!?

私も初めは町中にある不動産屋に話を聞きに行ったりしていたので、普通に家を買っていたらこういった高額の手数料がとられていることには気が付かなかったと思います。

 

ところが、最近このシステムを使わない不動産屋が出てきました。

 

どういうことかと言うと、買い主からはこの手数料をとらず、売主からの手数料のみで不動産売買の仲介をする会社が出てきたということです。

 

<私の場合>

2800万円×3%+6万円=90万円

 

通常、売主からの90万円と買い主である私から90万円の合計180万円を受け取れる手数料ですが、私からの手数料90万円をとらず、売主からの90万円のみで仲介をしてくれたということです。

 

つまり、私としては単純に、この90万円もの手数料を払わなくていいということが起きます。

 

この仕組みを知った時にかなり衝撃を受けました。ここからは私個人の意見なので、参考程度してもらいたいのですが、普通の不動産屋はそんなサービスでこんな高額の手数料をとるのか?という印象です。

 

しかし、安いだけで対応が悪いのは問題です。そこは慎重に調べました。結果、私の利用した不動産屋は「ゼロシステムズ」ですが、こちらの不動産屋さん従業員は数名の少数精鋭といった感じで、とにかく丁寧に物件を調査してくれます。

 

購入が決まると、ほんの小さな傷や不具合でもしっかり売主に治させます。下の画像は実際に不備のあった個所を説明してもらったときにもらったメモです。

 

住宅の不備個所を書いたメモ1

不備をメモした図面1F

 

住宅の不備個所を書いたメモ2

不備をメモした図面2F

 

 そして建物だけでなく、立地に関しての調査も行い、良いことも悪いことも書類にしてくれるので納得して契約することができました。

 

 担当のNさん曰く、あまりに細かい話をするので売主からは嫌がられると言っていました(笑)でもこそれは一生ものの買い物する私にとってはとても心強いことです。

 

もちろん、物件価格の交渉もしてらもいました。最初は無理な値引き交渉を打診すると、さすがに「無理です」と言われました(笑)しかし、もともとダメ元での打診だったのですが、結果的に100万円の値引きの交渉に成功しています。

 

仲介手数料と合わせると通常よりも190万円安く買えたことになりますね。

 

社長とも直接話をする機会があって、「お客さんに対して誠実な仕事をしたい」という思いが、ヒシヒシと感じられました。

 

基本的に物件の引き渡し日は社長が立ち会う方針なんだそうですが、私の引き渡し日にどうしても調整がつかず、立ち会えないとのことで、直筆の手紙をいただきました。

 

引き渡し時に社長からもらった手紙

社長からもらった手紙

 

ちなみに購入した建売は、しっかりとした調査のおかげで、大きな問題もなく2019年現在で4年目に入りました。今でも感謝の気持ちです。

 

 

「ゼロシステムズ」の詳細

  • 本社住所:埼玉県北本市北本1-117 レジデンシャル本社ビル3F
  • 定休日:水曜日、隔週木曜日、夏季、年末年始、GW
  • 営業時間:9:30~19:00

<Googleマップ>

  

 

自分でやらなければいけないこと

 物件もしっかり調査してくれて、手数料も安く買えるこの不動産屋ですが、自分でやらなければいけないこともあります。

 

それは、物件探しです。普通の不動産屋だと、店舗でお茶を飲みながら担当の営業と物件探しから話をしてくれて、実際に物件を見に行く流れですね。

 

しかし、「ゼロシステムズ」では、こういったサービスはありません。

 

私は、インターネットや店舗においてある不動産情報から物件を探し、実際に外観を見に行くということを20件~30件しました。

 

その中で気に入った物件を「ゼロシステムズ」に打診をすると、内覧という流れになります。

 

条件やタイミングが合わず、最終的に3件目の内覧で今の家を決めています。

 

<私が物件探しに利用したサイト>

 

 実際に普通の不動産屋で営業担当と話をしながら物件選びもしましたが、売る気が満々なオーラが強く、例えば「今日決めてくれればこれだけ安くします!」なんていうのは頻繁にありました。

 

「一生ものの買い物をそんな即決できるかい!!」と何度心の中で思ったことか(笑)

 

普通の不動産屋は買ってもらってなんぼの営業なので、とにかくお店にいるうち、家に帰らせる前にハンコを押させたいんですね。

 

おそらくほとんどの人は、家に持ち帰って冷静になると契約から遠ざかりますから。

 

しかし、私としてはこういう流れはどうしても信用できなかったので、自分で物件を探すスタイルは合っていたのかもしれません。

 

 そして実際に「ゼロシステムズ」の担当さんと内覧をした時も、売るのを急かせる様子もなく、むしろじっくり考えてくださいというスタンスも好印象でした。

 

 

まとめ

戸建てを買うというのは、人生の一大イベントです。何度も経験できるものではないので難しいところもありますが、わからないことは相談し、物件に関しても金額に関しても納得してから購入を決めてください。

 

この手間を惜しんでしまうと何年もそれを抱えたまま、住宅ローンを払いつつその家に住んでいかなきゃいけなくなります。 

 

 物件の買い方はひとつではありません。普通の不動産屋に出向いて話をしながら物件をじっくり決めたいという方にはこの記事のやり方は合いません。

 

人生の大きな買い物を納得してするための一つの選択肢として、この記事が参考になれば嬉しく思います。