損より得取る情報館

日常生活で損をするより得をとりたい人への情報を発信するブログです。

藤井聡太七段「王位戦第2局」最年長対最年少勝負の結果と今後の日程


藤井颯太七段「王位戦第2局」最年長対最年少勝負の結果と今後の日程

 

ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

快進撃を続ける藤井聡太七段ですが、7月14日に王位戦第2局が行われました。ここまで藤井聡太七段が1回勝利しているので、王位の獲得にはあと3勝が必要です。

 

その第2局となる7月14日の結果と今後の日程について詳しく見ていきましょう。

 

王位戦第一局の結果は以下のリンクから確認できます。

 

www.tokutoru.com


<目次>
[:contents] 

 

藤井聡太七段の王位戦第2局の結果は? 

まず結果ですが、王位戦の第2局は藤井聡太七段の勝ちとなりました。

 

詳しい勝負の内容を見てみましょう。

 

  • 対戦内容:第61期王位戦7番勝負第2局第2日
  • 対戦場所:ホテルエミシア札幌(北海道札幌市)
  • 対戦相手:木村一基王位(47)
  • 対戦日 :2020年7月14日
  • 対戦時間:9:00~
  • 手数  :144手
  • 勝者  :藤井聡太七段

 

前回の棋聖戦第3局ではハイペースでの勝負でしたが、今回の勝負はまったく逆でゆっくりとしたペースでした。午前中は両者ともゆずらない互角の展開。

 

昼休憩をはさんで午後になると、形勢は徐々に木村一基王位が優位になっていきました。終盤で王手をかけてくる木村一基王位の猛攻に耐えに耐えた藤井聡太七段は大逆転勝利を手にしています。

 

藤井聡太七段勝利後のインタビュー

「常に厳しい攻めを受けていたので苦しかった。」

 

と終盤で厳しい攻めを受けていた心境を語った。その言葉の通り厳しい攻撃を受けていたプレッシャーははかりしれないものだったのでしょう。

 

注目すべきはその後話した内容です。

 

「最後の何手かは開き直って踏み込んだ感じで最後までわからない勝負だった」

 

これほどの快進撃を見せる藤井聡太七段から出たこの言葉が意外だったのですが、それと同時に開き直って打った数手がカギとなって勝利をおさめられたというのは、今後の大きな成長につながるのではないかと感じました。

 

将棋の印象ってとてつもない計算の上に成り立っていると思っていたのですが、時には勇気を出して踏み込むことも必要になるのでしょう。

 

これは藤井聡太七段に経験という大きな武器が備わりつつある証拠なのかもしれません。

 

藤井聡太七段の今日の和服

藤井聡太七段の今日の和服

 

王位戦7番勝負第2局が行われた7月14日、藤井聡太七段は、黒のハカマにグレーの羽織で対局場に登場しました。

 

  • 第1局:白の袴
  • 第2局:黒の袴

 

対局を重ねるごとに貫禄がましていきますね。藤井聡太七段のスーツも初々しくていいですが、やはり和服姿で将棋をさしている方が絵になります。

 

対戦相手の木村一基王位(47)は「将棋の強いおじさん」

現在将棋業界では、10代~20代の活躍が目立つなかで、現在タイトルを保持している木村一基王位は、46歳で初タイトルを獲得した苦労人です。

 

ちまたでは「将棋の強いおじさん」として人気があります。

 

対する藤井聡太七段は(17)でのタイトル挑戦中、つまり最年長対最年少対決という意味でも今回の王位戦はおもしろい勝負ですね。

 

 

第2局を終えて木村一基王位は、

 

「流れはいいのかと思っていた。ただ、ひとつ間違えると攻め込まれる。プレッシャーをかけられていた」

 

と無念そうに話した。 

 

連敗となってしまった「将棋の強いおじさん」。王位戦は7番勝負なので、まだまだ結果はわかりません。ここからの巻き返しなるでしょうか。

 

ちなみに挑戦7度目にして初めてタイトルを獲得した去年の王位戦は開幕2連敗から勝利をかさねてタイトルを獲得しています。

 

藤井聡太七段の今後の日程

藤井聡太七段の今後の予定をまとめておきました。 

 

  • 日程:2020年7月16日
  • 対戦名:ヒューリック杯棋聖戦第4局
  • 対戦場所:関西将棋会館(大阪市)
  • 対戦相手:渡辺明三冠

  

  • 日程:2020年8月4日、5日
  • 対戦名:王位戦7番勝負第3局
  • 対戦相手:木村一基王位

 

  • 日程:2020年8月5日
  • 対戦名:名人戦の順位戦B級2組
  • 対戦相手:鈴木大介九段

 

  • 日程:未定
  • 対戦名:第33回竜王戦決勝トーナメント
  • 対戦相手:丸山忠久九段

 

現在の日程はこのようになっていますが、「王位戦第3局2日目」と「名人戦の順位戦B級2組」対戦が同じ8月5日になっています。

 

こういう場合はタイトル挑戦が優先されるんでしょうか。

 

順当に考えれば「名人戦の順位戦B級2組」の方が優先順位としては低くなるので別の日に振り替えるとは思うのですが・・・

 

まとめ

藤井聡太七段の強さの秘密は「AI将棋」をとことん追求していることでも有名です。

 

しかし、将棋を見る立場からすると、AI将棋はなんとなく味気なく感じるのは機械的な流れになることが多いからとも言えますよね。

 

ただ、今回藤井聡太七段が見せた「開き直って打った手」が人間対人間のおもしろい勝負を演出するのではないかと思った一番でした。

 

「AI」と「経験」が融合した新しい藤井聡太七段が見せる勝負はいったいどういうものになるか楽しみです。

 

それでは、また。